6 号 戦車

発行者: 07.10.2020

ヘンシェル社のVK H に搭載する予定であった ゲルリッヒ砲 の開発は、弾芯に用いるタングステンの不足を理由に中止された。VK H が要求を満たすには、新規に8. ティーガーIIの実戦投入は第重戦車大隊による年7月18日の ノルマンディー上陸作戦 での戦闘が最初である。同大隊は 東部戦線 で大きく消耗した後、年6月にティーガー45両で再編成がなされ、その内の12両がポルシェ砲塔を装備したティーガーIIであった。東部戦線では第重戦車大隊が年6月25日から8月7日にかけて45両のティーガーIIを受領、8月12日に ヴィスワ川 上のバラノフ橋頭堡での戦いに使用した。その後も バルジの戦い 、 春の目覚め作戦 、 ベルリンの戦い など弾薬・燃料不足に苦しみながらも要所要所に投入された。.

故障を起こして動けなくなったティーガーIの回収は厄介な(特に敵前において)作業であった。もし、ティーガーIが動けなくなったティーガーIを牽引すると、エンジンはしばしばオーバーヒートし、故障や発火の原因となった。そのため、ティーガーIが僚車を牽引することは禁じられた。また、駆動輪は低い位置にあるため、あまり高い障害物は乗り越えられなかった。操縦手が粗雑な運転をすれば、履帯はしばしば駆動輪から外れ、すぐに行動不能となる悪い傾向があった。履帯が外れて絡まった場合、2両のティーガーIが牽引のため必要になった。からまった履帯は緊縮がきつくて軸を抜いて外すことができなくなるため、履帯を爆破、またはトーチによって熔断して外さなければならないこともあった [22] 。ドイツ軍最大の重牽引車である18t半装軌式牽引車(制式番号: Sd Kfz 9 , FAMO 社)を用いても、1台ではティーガーIを牽引できず、しばしば3台をワイヤーで連結しなければならなかった。一線部隊では、このような回収車両の手配の労や切迫した戦闘状況などから、禁止命令にもかかわらずティーガーIで牽引を試みた場合もあった。平地においてさえ難渋するティーガーIの回収は、窪地や泥濘にはまった際などは数両の牽引車を必要とした。さらに、自身が大重量と強力なブレーキを持つ他の2両のティーガーIをカウンターウエイトとして連結しなければ、牽引車が転覆する恐れもあった。.

詳細は「 VI号戦車ティーガーに関連する作品の一覧 」を参照. 当時のドイツ軍戦車の中で最も巨大だった本車は、 総統 アドルフ・ヒトラー のお気に入りとなった。以後、終戦までVI号戦車は使用され続けた。しかし、重量が当時の水準からすると非常に重かったため、 変速機 や足回りなどのトラブルが多く稼働率は低い水準にとどまり、また、構造の弱い 橋 や 道路 の通行が困難だったり、複雑な設計が量産性を妨げた。しかし、その 大火力 ・ 重装甲 はそれらの欠点を補ってあまりあるもので、当時まともに対抗しうる他国製戦車はほとんど存在しなかった。.

隠しカテゴリ: 武器・兵器関連のスタブ 軍用車両関連のスタブ項目 ISBNマジックリンクを使用しているページ. VI号戦車と呼ばれる 戦車 には、I型とII型の2種類の戦車が存在し、それぞれ ティーガーI ・ ティーガーII と呼ばれる。この2種は、当時の世界最強の戦車の1つとして評価されている。 ティーゲル戦車 と表記されることもある。 英語 読みでは、 タイガー戦車 と表記される。.

ムンスター戦車博物館 に収蔵される車両 号車 、前面からの写真。砲塔前面、避弾経始の良好な前面装甲が判る。砲身の先端と砲口制退器は復元。砲弾は徹甲弾(黒色)と榴弾(黄色).

I II. HEAT II. [3] .

【6号戦車】(ろくごうせんしゃ)

開発当時、 ドイツ国防軍 は 赤軍 の T 戦車に苦戦を強いられていた。ドイツ軍はそのことを受けて元々 対空 用として製造された 8. ムンスター戦車博物館 に収蔵される車両 号車 、前面からの写真。砲塔前面、避弾経始の良好な前面装甲が判る。砲身の先端と砲口制退器は復元。砲弾は徹甲弾(黒色)と榴弾(黄色). III号戦車 IV号戦車 V号戦車パンター. ソ連の対抗策はいくつかの形をとった。mm砲を装備した自走砲の早急な開発が命じられた。 SU 自走砲は25日という記録的な早さで設計を完了し実地試験に入った。ソ連時代の記録では、同車を装備した一個連隊が定数不足のままクルスクに5月に送られ、 クルスクの戦い で12両のティーガーIと7両の エレファント 駆逐戦車を破壊したとされた。しかし、ソ連崩壊後判明したデータにより、事実とは異なっていたことが判明している。損害の数においても、この戦いで様々な理由で全損となったティーガーは10ないし11両であった。また、新型重戦車が計画され、年末に85mm砲装備のIS(後に IS-1 )、年始めにmm砲装備のIS(後に IS-2 )が就役した。さらにこの車台を使用した ISU と ISU 自走砲が完成した。Tは年には新たに85mm主砲を装備した3人乗り砲塔を与えられた。終戦間際には、新たな牽引式対戦車砲となる BS-3 mm野砲 が供給された。これらの新兵器は全て既存の車両や砲の拡大改良型であったため、すぐに大量生産に入ることができた。.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. ボービントン戦車博物館 のヘンシェル砲塔搭載車両。砲塔・車体に ツィンメリット・コーティング が施されている。.

I [21]. III IV II20 88. I T M4 1, I57432 [13] 30 1. I II !

VK4501 Sd.kfz181 ティーガーI

名前空間 ページ ノート. ティーガーIに見られるその他の新たな機構は、油圧式のプリセレクターギアボックスと セミオートマチックトランスミッション である。ティーガーIの駆動力は、後部のエンジンから床下のカルダンシャフトを通じて車体前部の主変速機へ送られ、減速されたのちにステアリング操作をつかさどる操向変速機へと分配される。この操向変速機での動力の分配の調節により戦車は方向を変え、またはカーブしたり、後退前進を切り替える。この操向変速機から出力される動力は、さらに最終減速機へ送られ、減速されたのちに起動輪へつたえられる。起動輪は履帯を駆動させる。ティーガーはその大重量から、より軽量の車両に使われるクラッチとブレーキではなく、イギリスのメリット-ブラウン式のシングルラジアス機構の改造版が使用された。ティーガーIの操向変速機は二つのラジアス(半径)を持つヘンシェル製LCが用いられた。これはそれぞれのギアで二通りの一定半径での旋回が可能であり、一速での最小旋回半径は4メートル、構造的に 超信地旋回 も可能であった。マイバッハ製の「OLVAR」OG主変速機は前進8速だったので、操向変速機によるステアリングには16通りの旋回半径があり、もし旋回半径を小さくしたければブレーキが使われた。後進は4速が用意された。これらのギアは手動のレバーで段を選択するもので、レバーに連動して油圧回路が閉鎖または解放され、変速は油圧によって自動的に作動した。メインクラッチは湿式多板を使用した。ステアリング操作はレバーではなく、ハンドル(ステアリングホイール)でおこなわれ、パワーステアリング式のため操作にはほとんど力がいらなかった。走行用のブレーキ、また操向変速機用のブレーキにはディスク方式が用いられた [20] 。ティーガーIの操縦機構は操作しやすく、当時使用されていた戦車の中では先進的なものであったが、本戦車は全体としては機械的に欠点がないとは言い難かった。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 故障を起こして動けなくなったティーガーIの回収は厄介な(特に敵前において)作業であった。もし、ティーガーIが動けなくなったティーガーIを牽引すると、エンジンはしばしばオーバーヒートし、故障や発火の原因となった。そのため、ティーガーIが僚車を牽引することは禁じられた。また、駆動輪は低い位置にあるため、あまり高い障害物は乗り越えられなかった。操縦手が粗雑な運転をすれば、履帯はしばしば駆動輪から外れ、すぐに行動不能となる悪い傾向があった。履帯が外れて絡まった場合、2両のティーガーIが牽引のため必要になった。からまった履帯は緊縮がきつくて軸を抜いて外すことができなくなるため、履帯を爆破、またはトーチによって熔断して外さなければならないこともあった [22] 。ドイツ軍最大の重牽引車である18t半装軌式牽引車(制式番号: Sd Kfz 9 , FAMO 社)を用いても、1台ではティーガーIを牽引できず、しばしば3台をワイヤーで連結しなければならなかった。一線部隊では、このような回収車両の手配の労や切迫した戦闘状況などから、禁止命令にもかかわらずティーガーIで牽引を試みた場合もあった。平地においてさえ難渋するティーガーIの回収は、窪地や泥濘にはまった際などは数両の牽引車を必要とした。さらに、自身が大重量と強力なブレーキを持つ他の2両のティーガーIをカウンターウエイトとして連結しなければ、牽引車が転覆する恐れもあった。.

I IIII Achtung Panzer. VI III. 2 II ! VI .

履帯へ動力を伝達する起動輪は車体最前部に設けられた。ティーガーIに用いられた 履帯 の幅は、大重量を分散して良好な接地圧を得るために前例のないmmの幅が採用された。この大きな履帯の採用には問題が生じた。車幅に制限のある鉄道輸送に際してティーガーIの車体がはみ出し、そのままでは輸送できなくなったのである。これに対処するため、最も外側に位置する転輪を外し、mm幅の輸送用の履帯をつけて鉄道輸送を行った。履帯は乾式で、一本のピンにより連結される。片側96枚、約3トンを連結した。接地圧は1. VI号戦車 ( ティーガーI , ティーガーII ). 砲塔上面の中央付近には換気扇、その左側に戦車長用キューポラ、右側に装填手用のペリスコープとハッチがそれぞれ設けられていた。後期生産型の砲塔では、装填手ハッチの後方に 近接防御兵器 が装備された。戦車長用キューポラの形状は当初、側面のスリットから防弾ガラスを通し直接視認する単純な筒型だったが、ソ連軍の対戦車ライフルに狙われるなど、防御上不利だったため、中期型以降ではパンターA型以降同様の、ペリスコープを介し間接視認する背が低いタイプに改良された。.

ティーガーI ティーゲル シチリア駐留の第重戦車大隊第2中隊の初期生産型のティーガー(年):最前列の転輪が外されている。.

VK H VK H 8. III IV III IV V. I50mm III. I 8.

名前空間 ページ ノート. III号突撃砲 IV号突撃砲 通常、徹甲弾はその存速に貫徹能力を持つ。したがって戦闘距離が短くなればより厚い装甲を貫くことができる(第二次世界大戦ではほとんど使用されなかった HEAT弾 を除く)。ティーガーIの主砲の大きな貫通威力は、敵戦車を相手が反撃できない遠距離から撃破できることを意味する。ロシアなどの平地の多い開けた地形ではこれは大きな戦術的優位だった。敵戦車はティーガーIを撃破するために側面からの攻撃を強いられた。. ソミュール戦車博物館 の動態展示車両。.

VI III. Achtung Panzer.


Facebook
Twitter
コメント
Shoma 14.10.2020 04:00 答える

詳細は「 VI号戦車ティーガーに関連する作品の一覧 」を参照. 最終更新 年4月4日 土 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

Maria 14.10.2020 00:01 答える

表示 閲覧 編集 履歴表示.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 kidzgym.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.