神聖 ローマ帝国 滅亡

発行者: 18.11.2020

ヘッセン方伯、 チューリンゲン 方伯等. ハプスブルク家はルドルフ1世、アルブレヒト1世、フリードリヒ美王と三代にわたってローマ王(対立王含む)を輩出した後、しばらく歴史の表舞台から姿を消した。美王の跡をついだ アルブレヒト2世 オーストリア公 賢公は 年 、 スイス誓約同盟 ( ドイツ語版 、 英語版 ) (Eidgenossenschaft)に モルガルテンの戦い 、に敗れて発祥の地を事実上失った。しかしスイスへのこだわりは捨ててオーストリアの内政に勤しんだ。 年 には ケルンテン公領 、 クライン公領 ( en ) を皇帝ルートヴィヒ4世から拝領している。皇帝カール4世の治世に賢公の跡を継いだ ルドルフ4世 は、金印勅書に定められた選帝侯にオーストリアが含まれていないことを不満に思った。そして選帝侯を上回る特権を持つ「 大公 」( Erzherzog )なる称号を自称し、特許状を偽造して皇帝に送りつけた [nb 28] 。皇帝はこれを挑発と見抜いてうやむやにしたが、否定もされなかった特許状はハプスブルク家発展の布石となった。時代が下り、皇帝ジギスムントの死後にその娘婿となっていたオーストリア公 アルブレヒト5世 はボヘミア王とハンガリー王を相続した。 年 にはアルブレヒトはローマ王に選出され、ローマ王アルブレヒト2世となった [] 。しかし、僅か1年ほどで急死。オーストリア、ボヘミア、後にハンガリーはアルブレヒトの死後に生まれた息子 ラディスラウス・ポストゥムス が継承した。しかしローマ王には 年 にアルブレヒトの又従兄弟である フリードリヒ3世 が24歳で選出された。.

しかし フェリ ペ 2世 治世下の スペイン = ハプスブルク 帝国 は繁栄を極め、絶頂期に達していた。.

カール 4世の次男 ジギスムント は、 ルクセンブルク 公 国 ・ ブランデンブルク 選 帝 侯領・ ボヘミア 王 国 に加え、 ハンガリー 王 国 をも領有していた。. 最後の 四天王 ラスボス はやはり宿敵 フランス王国 であった。. 東ローマ帝国 ヴェネツィア共和国 教皇領 フランス王国 デンマーク王国 ノルウェー王国 ハンガリー 王 国 ポーランド王国. 英明な君主であったマリア・テレジアはオーストリアの内政改革を進める一方 [] 、シュレジエンを奪回するべく外交を展開してロシア、ザクセンそして長年の宿敵だったフランスとの同盟を成立させ対プロイセン包囲網を構築した( 外交革命 ) [] 。 年 に勃発した 七年戦争 でイギリスと同盟したフリードリヒ2世は圧倒的な国力の差にもかかわらず幾つかの戦いで勝利して持ちこたえるが、 年 にはイギリスの援助が打ち切られ苦境に陥った [] 。だが、 年 にフリードリヒ2世の信奉者だった ピョートル3世 がロシア皇帝に即位するとロシアは戦線を離脱し、フリードリヒ2世は危機を脱した [] 。オーストリア、プロイセンそしてザクセンとの間で 年 に締結された フベルトゥスブルク条約 により、プロイセンはシュレジエンを確保してヨーロッパの列強にのし上がる。これがドイツの覇権をめぐるオーストリアとプロイセンの対立の始まりとなった( ドイツ二元主義 ) [] 。.

もはや神聖ローマ帝国が創成期に掲げていた「 西ローマ帝国 の再 興 」という夢は、達成されたといってよい。いや、それどころか、 ハプスブルク の 大帝国 は、 ローマ帝国 以上の規模にまで膨れ上がったと見て、間違いはないはずだ。.

1 35 8 Gemeiner Pfennig Reichsreform [nb 30]. [] [] [] [] 神聖 ローマ帝国 滅亡 [] [] [] [] [] [] [] []. 1 52 9 8 5 1 .

  • 全ての領域が帝国クライスに含まれている訳ではなく、ボヘミア王の領土 ( en ) 、帝国騎士領や帝国内のドイツ騎士団領地などの小邦 [] 、そして、スイス、北イタリアの帝国諸侯は除外されている。.
  • ところが 神聖ローマ 皇帝 たる フリードリヒ3世 は暗愚なばかりで、 マーチ ャーシュ1世からすればただの イライラ メーカー であった。当然ではある。そこで マーチ ャーシュは急遽、対 オスマン帝国 の役 目 を一身に背負うとして、 ウィーン へと挙兵し オーストリア の領有を要 求 した( 5年)。すると フリードリヒ は また 逃げ た 。が、1 49 0年、 マーチ ャーシュは夢半ばにして嫡子なくこの世を去った。またしても、 フリードリヒ の 逃げ 勝ちである。. Erz bis cho f.

関連語をあわせて調べる

ハインリヒ4世 は黒帝から受け継ぐはずだった王権を追い求め、教会と争って破滅した。歴代皇帝の教会への介入は、教会の堕落を食い止めるという正当性があった。教会が黒帝に教皇の叙任権まで握られたのは自業自得であった。しかし傲慢な ハインリヒ4世 は改革派が教会内に台頭している状態で教皇と正面から対立してしまった。その結果、皇帝は教会の守護者としての権威、神権的帝権という取り返しがつかないものを失った。. 強権的な王を嫌うドイツ諸侯はこれに喜び、破門赦免が得られなければ国王を廃位すると決議した。王は窮地に陥り、政治的支持を失っていることに気づかされた [69] 。そして 年 、北イタリアの カノッサ で教皇に赦免を乞う屈辱を強いられた( カノッサの屈辱 )。教皇はここで赦してもいずれ反撃されることは理解していたが、高潔な聖職者を志す立場上、破門を解かざるを得なかった。破門は口実に過ぎなかった諸侯は国王の姉婿でシュヴァーベン公の ルドルフ ( en ) を対立王に立ててなおも抵抗し、教皇も支持した。しかし 年 10月15日、エルスターの戦いで王はついに勝利を収めてルドルフを戦死させた。シュヴァーベン公位は王の娘婿である ホーエンシュタウフェン家 のフリードリヒ1世に与えられた。教皇による再度の破門は意味を成さず、王はイタリアへ遠征してイタリア王としても戴冠した。4年に及ぶ戦いの末に教皇はローマから追い出された。王は自ら立てた対立教皇 クレメンス3世 によって33歳で皇帝として戴冠された。教皇グレゴリウス7世は亡命地の サレルノ で失意の内に死去した。.

ルートヴィヒ4世幼童王 は父王アルヌルフが死んで王位継承した時点で6歳前後であり、貴族たちによる摂政団が組織された。摂政団はマジャール人の侵入に苦しめられ、年以降には東方の領土が壊滅して摂政2名を失っている。西フランク王国の援軍を得て、アルプス山脈北側の高原でようやくマジャール人を撤退させた。 年 、幼童王は僅か17歳前後で死去した。嗣子がなく、東フランクのカロリング朝は断絶した。貴族による選挙が行われ、王位はアルヌルフの外孫であるコンラディン家のフランケン公コンラート1世が30歳前後で継承した [36] [37] 。. とはいえ オットー の戴冠をもって、 ゲル マン的 な 西欧 帝国 が成立したことは 事実 であった。神聖ローマ帝国を ドイツ 史の一時代として見るならば、 オットー 1世の代で誕生したと見てよいだろう。. 時代によるものの、この 国 は ローマ 教皇により(西) ローマ 皇帝 の位を授けられた君 主 を戴いていた。それ故この 国 は 西ローマ帝国 ( ローマ帝国 西方 ) の継承 国 と称していた。.

世界史用語解説   授業と学習のヒント appendix list 世界史用語解説 授業と学習のヒント  appendix list. さて当時の ナポリ ・シ チリ ア・ サル ディ ニア 一帯は、 レコンキスタ を2年前に遂げた スペイン王国 の所領である。ということは、神聖ローマ帝国と スペイン王国 は、 フランス王国 という共通の脅威に曝されていたわけである。となれば話は 早 い。 早 速マクシ ミリア ンの 息子 フィリップ 美 公 と スペイン 王女 フアナが 結婚 し、続いて1 49 7年、マクシ ミリア ンの 娘 マルガ レーテ と スペイン 王子 フアン が 婚姻 を結ぶ。紛れもなく「日の沈まぬ 帝国 」の基礎が築かれたのであった。.

  • コンラート2世 [nb 13] の時代に帝国は版図を拡大した。即位後は聖帝と同じくドイツ国内の巡行とイタリア遠征を行い、 年 に35歳前後で皇帝として戴冠した。 年 9月、ブルグント王ルドルフ3世が嗣子なく死去した。聖帝時代の 年 に結ばれた条約に従い、皇帝は ブルグント王国 を相続した [nb 14] 。つまり皇帝はドイツ王、イタリア王に加えてブルグント王も兼ねるようになった。古代ローマ帝国の名称で言えば、帝国は本土イタリアとゲルマニアに加えて一部とは言えガリアも領有するようになった。このためか 「ローマ帝国」(Imperium Romanum) の国名が公文書で用いられ始めている [65] 。 年 、皇帝は48歳前後で死去し、子の ハインリヒ3世 が21歳で後を継いだ。.
  • フリードリヒ2世 死後、 帝国 は 皇帝 が ころころ 変わる時代を経験したのだった( 大 空 位時代 )。といっても 皇帝 はいなかったわけではなかった。.

1 [5] [] 3 - 1213 []. 1 10. 1 9 - 9 5. 1 1. 52 0 ! 4 16.

フリードリヒ3世 は「帝国第一の就寝帽」 [nb 29] 「神聖ローマ帝国の大愚図」と評されるほどの無能な人物だった [] [] 。決断力に欠けて臆病で気が弱く、常に借金で追われ、けちであり、長所は忍耐力のみだった。王は即位するとラディスラウスの存在に怯えてすぐさま監禁し、オーストリアを弟と共同統治した。 年 、ローマ王として正式に戴冠。同年、英仏で百年戦争が終結している。 年 以降、ラディスラウスを自由の身にするよう求めるオーストリア貴族が同盟を結成した。 年 に王はラディスラウスを連れ、結婚式と皇帝への戴冠式を兼ねてイタリアに逃亡した。ポルトガル王女エレオノーレと結婚して持参金を得、36歳で皇帝にも戴冠したが、首都ウィーンに戻ったところでラディスラウスを解放せざるを得なかった。. しかし フェリ ペ 2世 治世下の スペイン = ハプスブルク 帝国 は繁栄を極め、絶頂期に達していた。. しかし グスタフ ・ アドルフ の死は存外 カトリック 同盟を 勇気 付けた。そして プロテスタント 同盟の足枷にもなった。もとより プロテスタント 側は グスタフ ・ アドルフ の快進撃によって士気を高めていたようなものであり、その旗が折られたとなれば、瓦解するのは当然である。.

フランス革命とナポレオンの登場  神聖ローマ帝国を構成するオーストリア・プロイセンおよびドイツ諸侯はフランス革命軍との戦いを最初は優位に進め、フランス内に進攻したが、 1792年 9月の ヴァルミーの戦い でプロイセン軍が敗れたあたりから形勢が逆転し、さらにフランス革命が進行しジャコバン独裁のもとで徴兵制が敷かれて国民軍が形成されるに従って、各地で押されていった。そして、フランス軍の指揮官として ナポレオン が登場し、その イタリア遠征 軍にオーストリア軍が敗北し、 カンポ=フォルミオの和約 で北イタリアから撤退するという事態となった。その後、 ナポレオン戦争 が全ヨーロッパに展開され、オーストリア軍など神聖ローマ帝国側は危機に陥った。 神聖ローマ帝国の消滅  さらに皇帝となったナポレオンとの 1805年 に アウステルリッツの戦い(三帝会戦) でロシアとともに決定的な敗北を喫し、翌 1806年 、ナポレオンがライン川流域の諸侯を糾合して ライン同盟 (ライン連邦)を結成、ドイツ南西部の16の諸邦が神聖ローマ帝国を離脱した。それを受けて、ウィーンにいるハプスブルク家の フランツ2世 が 神聖ローマ帝国皇帝 を退位し、ここに 神聖ローマ帝国は名実ともに消滅 した。  オットー大帝の即位(962年)から数えれば、844年目にあたっていた。神聖ローマ帝国はすでに1648年の ウェストファリア条約 (「神聖ローマ帝国の死亡診断書」といわれた)によって実質的な国家機能を失い、プロイセンやオーストリアの二大国をはじめ、バイエルン、ハノーヴァーなどの領邦(ラント)が分立していたが、名目的な皇帝の地位はなおもハプスブルク家が継承し、この時期まで続いていた。なおフランツ2世は オーストリア帝国 皇帝としては続いており、フランツ1世として宰相メッテルニヒに補佐され、オーストリア、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、北イタリアなど広大な領土を維持していくこととなる。.

4 - 6 - 3 1 5 -. 111. [nb 40] [] .

さて、 皇帝 フェルディナント 2世 は、嫡男の フェルディナント を次期 皇帝 とすべく諸侯の機嫌を取る必要があった。そのため、成り上がりで諸侯に嫌われていたヴァ レン シュ タイ ンを暗殺した。散々頼りにしておいて ひどい… 。し かしこ れによって 皇帝 は諸侯の支持を獲得し、嫡男を軍の 総司令官 とすることができた。. この時代、聖俗諸侯領では絶対主義化が進行していた [] [] 。フランスやオスマン帝国の脅威を受けていた中小領邦はその存立を守護する存在としての帝国国制を必要としていた [] 。特に西南ドイツでは帝国クライスが地域自治機関として機能しており、クライス議会が活発に活動し、クライス軍制はその防衛機能をある程度だが果たしている [] 。. 詳細は「 レーエン 」を参照. かくして 80 0年の カール大帝 同様、復古 ローマ帝国 の 皇帝 として即位した オットー 1世。だが彼は カール大帝 のような ローマ 教皇に利用される立場ではなく、むしろ ローマ 教皇をも下す権 力 者の 道 を行く。 96 2年の戴冠式は オットー 主 導であり、彼は教皇に対し臣下の礼をとらせたばかりか、教皇選出の際の承認権をも勝ち取ったのである。.

こういった考えと 帝国 の拡大は、 コンラート 2世 に自信を持たせるに十分であった。ここで遂に、彼をして 帝国 は「 ローマ帝国 」と 名乗り 始めるのである!.

  • 斜陽 は何も 神聖ローマ 本 国 に限った話ではなかった。 スペイン = ハプスブルク 家 の 世界 帝国 にもガタが来たのである。.
  • イングランド 王 国 の フランス における 覇権 と 東ローマ帝国 が、この世の 地図 から消えて4年後の 7年。結局、 フリードリヒ3世 は オーストリア に帰還した。その際ラディスラスは疲労が祟ったのかわずか 17歳 で亡くなっている。ともあれこれでラディスラスを担ぐ反乱の火種は消えた。 ある意味 で 皇帝 の 勝利 である。.
  • ナポレオンの敗北により始まった ウィーン体制 により、 年 にオーストリア、プロイセンを含むドイツ諸邦39カ国によって構成される ドイツ連邦 が成立した。 ドイツ統一 を巡るオーストリアとプロイセンの対立は 19世紀 後半まで続いたが、 年 の 普墺戦争 でのプロイセンの勝利によってドイツ連邦は解体され、翌 年 に新たにオーストリアと南ドイツ4カ国を除いた 北ドイツ連邦 が成立した。.
  • カール5世が神聖ローマ帝国を統治し始める以前の 年 に マルティン・ルター が ヴィッテンベルク大学 で発表した『 95ヶ条の論題 』が 宗教改革 の発端となった [] 。ローマ・カトリック教会の大きな財源となっていた 贖宥状 の効力に疑義を呈するこの論題は 活版印刷 の普及もあってドイツ各地に広まって大きな反響を呼び [] 、事態を憂慮した教皇 レオ10世 はルターにローマ出頭を命じるが、ルターは領主であるザクセン選帝侯 フリードリヒ3世 (賢公)の庇護を受けてこれに応じなかった。ドイツ内のアウクスブルクと ライプツィヒ で行われた異端審問でルターは教皇庁側と決裂した [] 。 年 にルターは『 ドイツ貴族に与える書 』、『 教会のバビロニア捕囚 』、『 キリスト者の自由 』を発表し(三大宗教改革論)、これに対して教皇庁はルターに破門を通告する 勅書 を送って自説の撤回を迫る。ルターはヴィッテンベルクの公衆の前で、この勅書を燃やして答えた。.

11219. 1 35 8 Gemeiner Pfennig Reichsreform [nb 30]. 2 [70] 2 12 5 5 [71] 55519. 4 6 Protestantische Union [] Katholische Liga [] 白猫 ダグラス 神気解放できない. 4 4 6 - 01 41 0 神聖 ローマ帝国 滅亡 7.

[] 2 [] .

皇帝 としては 早 々と ハプスブルク 家 を取り潰したいところであったが、当時の ルドルフ 4世は強固な同盟を 帝国 内に敷いていた。 ルクセンブルク 家 の世襲を実現すべく、他の選 帝 侯の機嫌もとらなければならなかった 皇帝 としては、ことを穏便に進めたかったため、この「大 特許 状」を黙認せざるを得なかった。. Related Posts. ループレヒト はしかし権力基盤が弱体でありすぎ、効果的な統治を行えなかった。ローマ教皇の戴冠を受けるためにイタリア遠征を行ったが、ロンバルディアすら突破できず軍は瓦解した。加えてボヘミア王ヴェンツェルはローマ王廃位を認めていなかった [] 。 年 にループレヒトが58歳で死去するとヴェンツェルの異母弟で42歳の ハンガリー王 ジギスムント が選出され [nb 27] 、49歳となっていたヴェンツェルもようやく廃位を認めた。.

4 4 6 - 01 41 0 - 7 ! 11 4 7 47 4. 70 !


Facebook
Twitter
コメント
Tamiko 19.11.2020 10:00 答える

一方、シュ タウ フェン 家 が領有していた ナポリ ・シ チリ ア両王 国 は フランス の アンジュ ー 公爵 家 の所領となっていた。さて アンジュ ー 公 といえば イングランド 王を兼ねていた プラン タジ ネット 家 を彷彿とさせるが、ここでいう アンジュ ー 公爵 とは直接の 血縁 関係はない。. 帝位を継いだマティアスは宗教対立の仲裁を試みるが失敗に終わり、ボヘミア王位を従弟の シュタイアーマルク公 フェルディナント に譲らざるをえなくなる [] 。.

Sakiya 23.11.2020 18:23 答える

もちろん1 49 0年の マーチ ャーシュの死をもって ウィーン には 平和 が訪れる。しかし対 フランス 戦は続いていた。1 49 4年、時の フランス 王 シャルル 8世の軍は イタリア へ遠征を開始し、 電撃 的に ナポリ 王 国 を占領下に置いた。これに対しマクシ ミリア ンは ナポリ 王・ ローマ 教皇・ ヴェネツィア 元首らと同盟を締結( 神 聖 同盟)し、 真 っ向から フランス王国 と戦った。.

Machiko 26.11.2020 17:18 答える

これにより 皇帝 は、 ボヘミア と ハンガリー の宗 主 たる、 ドイツ 王、 イタリア 王、ブルゴーニュ王、 フラン ケン 公 、シュ ヴァー ベン 公 、 バイエルン 公 となったのである。 中世 西欧 にあって、隣 国 フランス がいまだ微弱な王権に甘んじているにも関わらず、 ドイツ の 皇帝 はすでにこれだけの権 力 基盤をものにした。 地中海 世界 において、 東ローマ帝国 が 東欧 の 覇者 ならば、 ハイ ンリヒ3世治世下の「 ローマ帝国 」は 西欧 の 帝王 だったのである。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 kidzgym.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.