テニス サーブ スライス 練習

発行者: 30.07.2020

ミスが起きる原因は "技術の高い・低い" ではなく、出来ない事を自覚できていない、残ったままだからである事がとても多い。よって、 数少ない出来ている事で自信を持つより、出来ない事を自覚し、確実に減らしていく方がよっぽど「上達する」実感を得られる と思います。. 我々が「サーブの打ち方」を教わる際、その辺りの身体各部の連動はきちんと説明されない ですよね。.

Twitterのタイムラインで流れてきたニュースツイートに『いいね』や返信したりしますが リンク先の記事を読む方はごく少数 だそうです。タイトルだけ見て "理解" したとする。意図的に記事が湾曲されると事実と違う認識があっという間に広がります。昔と違い、後日、正しい情報が伝わったりもしますが、誤解を覆すのは無理です。. 球出し基本練習 体のバランスを意識しながら、自分のフォームをイメージします。 2. 回転を多くかける感覚がつかめてきたら、同じ腕の使い方で、徐々に打点を高くしていきながら、回転をかけボールを打っていきます。この際、 打点を高くするほどラケットを立てて (地面と垂直に近づけて)いきます。.

ラリー練習 球出しで確認した球種をラリーの中で使えるようにします。 3. 球出しからのゲーム練習 チャンスボールや自分が追い込まれた時を想定した球出しからゲームの形で練習します。 4. ダブルス戦略上、大切な攻守のコンビネーションが身につきます! ダブルスにおいて「チェンジ」は、試合の展開を大きく左右する局面です。この展開を有利に進めるためには、二人の動きを合わせる必要があります。お互いがパートナーの動きを理解することでスムーズな『ポジションチェンジ』が行われ、空きスペースを突かれての失点が最小限に抑えることが可能です。この局面を掌握して勝利へとてつなげましょう!。.

写真のチチパス選手ですが、脚力で膝部分から上の身体全体を傾けていますが、身体と頭のラインを見れば 「首を傾けて頭上を見ている訳ではない」 のがわかりますね。この傾きを維持したまま身体を回転させれば直立に近い状態で打つのに近くなります。. その点スライスサーブは基本的に低く跳ねる回転がかかっているので、 まず打ち込まれるリスクは低くなります 。中には上手くタイミングを合わせて強打しようとする選手もいますが、確率論としては攻撃されるリスクは大きく下がると考えていいでしょう。. 連続ノーミスラリー練習 心理的な負荷 緊張感 をかけ、集中力を向上させます。 3.
  • 球出しからのゲーム練習 チャンスボールや自分が追い込まれた時を想定した球出しからゲームの形で練習します。 4. 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる.
  • テニス通の製作者が埼玉県の川越市、所沢市を中心に活動する出張型テニススクール「 ニューテニス 」の運営を始めました。.

「フラットサーブで一発でポイント…」は決まりません

サーブの全体の動きをイメージする 大切な場面で自分の思うようなボールを打つには、緊張緩和を考えた理想的なフォームを作ることが必要です。ボール投げや、ストレッチで体の動きを理解する。 2. 我々は 「回転をかけない」 という意味で使う フラットサーブ を "サーブの基本" として教わりますが、実際には. 曲げる には体は曲げたい方向と反対方向に向ける。その方向と曲げたい方向の角度差によりスライスサーブは曲がっていく。 」. 多くの選手が、フィニッシュ時は腕から身体の横で終わっている場合が多く、フェデラーも連続写真を見ていればラケットの軌道がわかるでしょう。完全なる回転重視のサーブであれば、 右利きの場合右肩が左よりも前に出ないのが理想 です。.

スライスサーブの打ち方について鈴木貴男選手は 「スライスサーブは体を回し、正面向きで打った方が良い」 と言われています。.

  • はてブ LINE. ポーチボレーチェンジ パートナーへ向っているボールをカットインするプレーの適切なコース、ポジション、対応を学びます。 2.
  • 我々が教わる 「フラットサーブ」 はオーバーヘッド系ショットの打ち方の一つであり、用途としては ネット際で打つスマッシュ等で使う と考えればそれが打てる事に矛盾は生じません。 ただ、サーブでは使えないよねという事です. 学生であろうと社会人であろうと、プロであろうとアマチュアであろうと、せっかくテニスをやるなら上達させたいと思うのが普通です。さらに言うと、どうせテニスを上達させならば1日でも、1時間でも早く上達させた ….

"" 90. LINE.

硬式テニスの上達ヒントやガットレビュー、プロテニス選手紹介

今度は、ほぼ速度ゼロ、エネルギーを持たないボールに対し、自らラケットを加速 スイングする、踏み込みつつ打つ等なんでも良い させてエネルギーを持たせ、それをボールに伝えて飛ばす場合、上と同じように90度の面でまっすぐ押せばボールはその方向に飛んでいき、当たる角度が傾くとボールはその方向に飛んでいきます。正面から飛んできたボールをアングルにボレーする際等、実際にこの理屈を使うと思います。. ダブルフォルトをしないスライスサーブが身につきます。 スライスサーブとは横回転をかけるサーブの事です。「回転系のサーブはまず、スライスサーブからマスターする」と言われており、サーブ基本型ともいわれています。フラットサーブよりも入る確率が高く、スピンサーブよりも打ちやすいサーブです。このサーブをマスターすれば、地面に着いてからボールが滑りますので相手にとっては強打しづらく、相手を左右に動かせる為、サービスゲームを優位に運べます。ぜひ、この機会に「絶対に入るスライスサーブ」を手に入れてください。。.

この方法では、 低い打点から フォアハンドスライスに近い形で 下回転をかけて打つ 所から、 徐々に打点を高く していく事でスライスサーブのコツをつかんでいきます。 フォアハンドスライスが打てない方は、そちらの練習を先にしてみてください。. 鈴木選手はスライスサーブの "速度" を、松井選手はスライスサーブの "曲がり" をポイントにされているという違いがありますね。.

"""". Twitter "". "" .

野球のキャッチボール

攻めのバックハンド 高い打点から打つショットが身に付きます フォアハンドに比べ苦手意識を持たれている方が多数です。今のプロの選手はバックハンドを得意としている方がほとんどで、錦織選手やジョコビッチ選手はバックハンドでのエースが多いです。ストロークで勝つためにはバックハンドが必要不可欠です。この機会に自分のバックハンドを見つめなおしてはいかがですか?。 1.

試合で勝つために「心・技・体」の『心』を鍛えます。 試合中の緊張感の中でしっかりとショットを相手コートに入れられるように、試合よりも困難な条件で各ショットを練習して イメージ力、集中力、自信を身につけます。。. 甘いボールを確実にポイントにできるよう指導します! 『チャンスボール』は、得点のする好機です。しかし、同時にミスに直結する力みやすいタイミングでもあるのです。ポイントを確実にモノにするためには、多くの反復練習と成功するためのイメージングが必要です。今回のレッスンでは、そのチャンスをモノにできるコツを教えていきたいと思います。。.

  • 体のバランスが安定するので、ミスが減ります!! ボレーはストロークと比べてシンプルなフォームです。このレッスンではシンプルなスイングをイメージしながら、体のバランスを意識します。目線をぶらさないことによって、状況判断もしやすくなりミスも減ります。今回のレッスンでボレーのレベルアップをして、テニスの幅を広げましょう。。.
  • ロブチェンジ『雁行陣』 ボレーヤーの頭上を越えてきたボールの適切なコース、ポジション、対応を学びます。 3.
  • 我々は 「打点を高く取ればサーブが入る確率が上がる。できるだけ高い打点で打つべきだ」 と思い込まされています。だから、高く真上にジャンプしながらサーブを打とうとしてしまいますね。 そう説明する人も昔そう教わって来ている。その繰り返し。.
  • 試合で勝つために「心・技・体」の『心』を鍛えます。 試合中の緊張感の中でしっかりとショットを相手コートに入れられるように、試合よりも困難な条件で各ショットを練習して イメージ力、集中力、自信を身につけます。。.

スライスサーブの打ち方

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. 今回はスライスサーブを簡単に習得する方法について解説していきます。スライスサーブを全く打てないか、一応打てるもののあまり曲がらない人が曲がるスライスサーブを打つコツをつかむための練習方法になります。 スライスサーブは、トップスピン量を抑えれば、エースも狙えるファーストサーブ向きの攻撃的なサーブになりますし、トップスピン量を増やせば、フォルトしにくいセカンドサーブ向きのサーブになり、非常に使い勝手の良いサーブです。 特に左利きの選手であれば、横に大きく曲がるスライスサーブは、全人口の約9割を占める右利き相手に対して非常に有効で、武器にしていきたいサーブになります。. 歩く動作と回内動作を使い打つ 1と2を組み合わせてボールを打ちます。 4.


Facebook
Twitter
コメント
Kana 31.07.2020 02:02 答える

アンダースライスサーブで回転のかける感覚をつかむ ・腰の位置から下にボールを出し、低い打点からアンダースピンをかけてサービスエリアに入れる。 3. 鈴木選手と松井選手では、同じように "身体の正面方向" にラケットを振っていくけれど、その正面となる身体の向き・方向が違う。身体の向きが飛ばしたい方向と大きく利き腕側にズレていく 横向きの状態に近くなる なら、当然エネルギーの伝達ロスも増えるし、速度は落ちる。でも、曲がりやすくはなる。 といった説明ができます。.

Mizuki 02.08.2020 07:03 答える

鈴木選手は 「トスを前方に上げる工夫をし、 体をしっかり回転させて打つ」 と言われ、松井選手は、動画を見るにトスは 身体の右側 、そして恐らく鈴木が勧める位置より 身体に近い位置にトスを上げて 「横向きを保って打つ」 と言われています。. 直立に近い安定した体勢でボールとラケットを目で捉えつつ打つ方向も目で確認しながら打てるストロークやボレーと違い、それらが出来ないサーブは 映像を撮り確認でもしない限り、自覚・認識 できない ものです。.

Sachiko 01.08.2020 16:27 答える

ただ、 フォアハンドストロークは主に使う打点の高さから、身体の回転軸とスイング軌道が "水平方向" で一致する のに対し、 サーブは「身体は体軸に対して90度 体軸が垂直なら水平方向 に回転させるのに、腕は "縦方向" に振る」という角度のズレがある という違いがあります。. 球出し練習 動きをつけた練習をすることにより、実践に近づいていきます。ここでフットワークを確認し、最適の打点に近づけるようにしていきます。 3.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 kidzgym.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.