明智 光秀 謀反 理由

発行者: 22.09.2020

人は事が起こるとその原因をとことん追及したくなります。本能寺の変も家康や秀吉の陰謀説、野望説やノイローゼ説などカオス状態ですね。私は光秀ほどの知将が大義なく謀反など起こさないと信じたいのでずっと信長非道阻止説と朝廷 足利 守護説の複合説じゃないかと思っています。(国替えの件が事実ならば怨恨説もアリか)ただ石谷家文書が発見されてからは四国の情勢がひとつのきっかけにはなったのかも知れないとも思います。どちらにしても共謀ではなく単独犯だと思っていますので黒幕はいないんじゃないでしょうか。信長と朝廷との関係も認識が別れているみたいですが、その時点で親密であっても、信長を甘くみてはいけないことを、朝廷側ではなく光秀自身がよくわかっていたんじゃないかと思いますがどうでしょう?。 とまあ、知った風なことを言いましたが真相は光秀本人にしか分かりません。でも日本史最大の謎ともいえるのでみんなで喧々諤々議論するのは楽しいですね。最近で と言ってももうけっこう経ちますけど 一番面白かったのはネタばらしは控えますが漫画「へうげもの」の顛末でしょうか。あの実行犯には非常にびっくりしてしまいました。.

宮部は鳥取城。亀井は 鹿野城 。. 滝山城や飯盛城等、山城の紹介や縄張り図が多数掲載されており、実際に訪問の際に持っていっても役立ちそうです。 また、お城に関する基礎知識(石垣の積み方等)もあり、初心者の方にもお勧めです。.

今の自分は素直に明智光秀の単独犯行説と思います。理由は、司馬遼太郎の『国盗り物語』での明智光秀に係る描写を本筋の史実として受け止めているからです。謀叛に至る決定的な要因は、明智光秀が心血注ぐ知行地の近江と丹波を織田信長に突然召し上がられ、まだ毛利から切り取っていない出雲と石見を与えるから進撃せよ、という無茶な命令で我慢できなくなり、ついにキレたのだと思います。  国盗り物語りを一読すると、その時代にタイムスリップしたような感覚になります。光秀の心境などが実に丁寧に描かれています ほぼ主役 。一乗谷や坂本城など縁の地に行ってみたくなったりと、司馬さんの知識をお裾分け頂けて、自分の歴史観が大きく広がります 時間がなかなかとれないので司馬さんのほかの小説あまり読めていませんが、これからもたくさん読んでいきたいです。また司馬さん以外でおすすめの歴史小説があったら教えてもらいたいです これはこれでお題になりそう? 。  明智光秀が愛宕山の連歌の会で詠んだとされる連歌です。「時は今 天が下しる五月哉」.

織田信長 織田信忠 明智光秀 本能寺 阿弥陀寺 西山本門寺 信長公記 本城惣右衛門覚書 フロイス日本史. 一方で史料が存在しないということは、裏返すと個人の推理や憶測といった想像を働かせる余地が大きいということであり、中世史研究家ではない「素人」でも参入しやすい [] 。このため、在野の研究家のみならず、専門の中世史研究家ではない小説家・ライターといった多くの人々が自説を展開してきた [] 。呉座勇一はこれほど多くの説が乱立している日本史上の陰謀は他にないと評している [] 。.

三好笑岩 ・ 十河存保 ・ 三好康俊. 歴史は勝者が刻むもの、最後に残ったのは誰なのか…。 やはり徳川家康という線は捨てがたい気がします。 伊賀越えの一節も、勝者が刻む歴史なのではないかと…。 あっぱれ!. 他のプロジェクト コモンズ.

[2] [3][ 2] [4] [5]. [ ][ ].

  • 日本史学会においては光秀が謀反を起こした理由については、重要な研究テーマと見られておらず [] 、日本中世史を専門とする大学教授が本能寺の変を主題とした単著は極めて少ない [] 。呉座勇一は 藤田達生 の『謎とき本能寺の変』 [] ぐらいであろうとしているが、この本も信長権力の評価に重点が置かれている [] 。本能寺の変の歴史的意義としては信長が死んだことと秀吉が台頭したことであり、光秀の動機が何であれ、黒幕がいたとしても後世の歴史に何の影響も与えておらず、光秀の動機や黒幕を探る議論は「キワモノ」であると評価されている [] 。 在野史家の 桐野作人 はそのような学会での評価を踏まえた上で、本能寺の変の真相を究明することで織田権力内部における固有の矛盾の有り様や織田権力末期の実態を解明できるかもしれないとしている [] 。.
  • 天正5年10月23日、 播磨 に出陣して以来 [69] 、中国は概ね羽柴秀吉が管轄した。中国役当初の毛利氏は12ヶ国にまたがる大勢力で、流浪の将軍 足利義昭 を擁し、 石山本願寺 三度目の挙兵とも組んで信長包囲網を形成していたので、中国経略は信長の前に立ち塞がる最大の未完事業となっていたが、この時点では謙信が存命で勝頼とも事を構えていたために自ら出向くことはなかなか難しく [70] 、「手の者」 [71] として最も信頼できる秀吉が起用された。秀吉自身にとっても、少し前に勝家と仲違いをして北陸から無許可で引き揚げたことで信長の勘気を蒙ったので [72] 、この機会に忠勤に励んで信長の知遇に報いて見せる必要があった。.

あなたが思う本能寺の変の動機は何だと思いますか?

野望説 突発説(偶発説・油断説). 怨恨説…実力派武将として信長に重用されていたとみられる光秀ですが、実は、信長にはあまりよく思われていなかったため、パワー・ハラスメントを受けていたとする説です。例えば、甲斐の武田勝頼を滅ぼした戦勝報告の席で、光秀が「我らが骨を折った甲斐があった」といった時、信長は、「お前がいつ骨を折ったというのか」と怒り出し、衆目の中で光秀の額を欄干に打ち付け折檻し恥をかかせたことや、徳川家康を安土城に招待したとき、光秀の接待に不都合があったとして途中で接待役を解任させられ面目をつぶされたこととか、中国出陣のとき、丹波と近江の所領を召し上げられ、当時はまだ毛利氏の所領だった出雲・石見を「自分で奪い取ってくれば与えるヨ」といわれたとか、かなりのいじめに遭っていたというのです。それでも、我慢に我慢を重ねて信長につくそうとした光秀でしたが、さすがに堪忍袋の緒が切れて、謀反に至ったというわけです。しかし、これらの話は、羽柴秀吉が本能寺の変の4ヵ月後に家臣に書かせた 『惟任退治記(これとうたいじき:惟任は光秀のこと)』 や、江戸時代になって書かれた 『川角(かわすみ)太閤記』 、 『甫庵(ほあん)太閤記』 、 『明智軍記』 といった軍記物で創作された話だといわれています。実際、信長の重臣として天下統一事業を支えてきた光秀が、恨みつらみ(が本当にあったとしても)だけで謀反に至るとは考えにくいのです。もし発覚あるいは失敗すれば、一族郎党死罪となり、御家断絶は免れないわけですから、「主君への恨みつらみ」だけでは動機としてはかなり弱いと思います。しかし、物語としては面白いので、小説やテレビドラマなどでは、これらのいじめのシーンがよく使われてはいますが・・・。.

ログインする 何度もログインに失敗する場合はこちら. 光秀・秀吉共謀説 光秀・家康共謀説 光秀・秀吉・家康共謀説 ( 土岐明智家滅亡阻止説 ) 足利義昭・朝廷黒幕説 毛利輝元・足利義昭・朝廷黒幕説 近衛前久・徳川家康黒幕説 堺商人・徳川家康黒幕説 上杉景勝・羽柴秀吉黒幕説 徳川家康・イギリス・オランダ黒幕説 足利義昭・羽柴秀吉・毛利輝元黒幕説.

三好笑岩 ・ 十河存保 ・ 三好康俊.

日本史3大ミステリーシリーズ・第2回

宮部は鳥取城。亀井は 鹿野城 。. この記事は、以下の文献を参考にして作成しました。 太田牛一著・中川太古訳『現代語訳・信長公記』(新人物文庫) 松田毅一・川崎桃太訳『完訳フロイス日本史3』織田信長編(中公文庫) 朝尾直弘著『日本の歴史8』天下一統(小学館ライブラリー) 童門冬二著『織田信長に学ぶ』(新人物文庫) 今谷明著『信長と天皇』(講談社現代新書) 井沢元彦著『逆説の日本史10』(小学館) 桐野作人・立花京子ほか『真説本能寺の変』(集英社) 井上慶雪著『本能寺の変88の謎』(祥伝社黄金文庫) 明智憲三郎著『本能寺の変年目の真実』(文芸社文庫) 小和田哲男著『明智光秀と本能寺の変』(PHP文庫). Asagei plus 年9月25日. 久々利亀 [] 種田亀 [] 山田弥太郎 [] 飯河宮松 [] 祖父江孫 [] 柏原鍋兄弟 [] 一雲斎針阿弥 [] - 同朋衆 平尾久助 [].

[] 56 []. [ 2] [27] 6 [ 9] [28] [ 10] 9 813 [29] [30] 3 [ 11] [ 2].        ?        ! [] .

事件の背景:信長の勢力

花落つる 池の流を [注釈 49]  堰とめて. オリジナル の年8月30日時点におけるアーカイブ。. 清水宗治 ・ 末近信賀 ・ 毛利輝元 ・ 吉川元春 ・ 小早川隆景. 羽柴秀吉 大返しが素早すぎるし、段取りが良すぎる。何事も計画的に実行していた秀吉ならできたのではないか。信長の皇族や既成概念に対する破壊的行使が、徐々に我慢できなくなったのでは? 慎重に計画的に物事を進める秀吉なら、事前、事後に痕跡など残さず実行できたと思う。 あっぱれ!.

39 647 [53] 924 [54] 104 [55] 7 324 839 [56] 330 [57] [58] 5 [59] 1117 [60] [61]明智 光秀 謀反 理由. 230 7801. []. 6 49 [31] 93 [32] 210423 425 54 22 [33] 67 パズドラ 魔法 石 チート 517 !

[ 37] []. [] [] [] [] [] [] [] [].

宮部は鳥取城。亀井は 鹿野城 。. 徳川家康 ・ 穴山信君. 編集中 編集中なので公開しない (チェックが入っていると締切を過ぎても公開されません).


Facebook
Twitter
コメント
Mako 22.09.2020 10:10 答える

亀山から西国への道は南の 三草山 を越えるのが当時は普通であったが、光秀は「 老の山(老ノ坂) を上り、 山崎 を廻って摂津の地を進軍する」 [] と兵に告げて軍を東に向かわせた。駒を早めて老ノ坂峠を越えると、沓掛 [注釈 30] で休息を許し、夜中に 兵糧 を使い、馬を休ませた。沓掛は京への道と西国への道の分岐点であった [] が(『川角太閤記』によれば)信長に注進する者が現れて密事が漏れないように、光秀は家臣 天野源右衛門(安田国継) を呼び出し、先行して疑わしい者は斬れと命じた [] 。夏で早朝から畑に瓜を作る農民がいたが、殺気立った武者が急ぎ来るのに驚いて逃げたので、天野はこれを追い回して20、30人斬り殺した [] 。なお、大軍であるため別隊が京へ続くもう一つの山道、 唐櫃越 から四条街道を用いたという「明智越え」の伝承もある [] 。. 他方で信長は、天正6年( 年 )4月9日に 右大臣 ・ 右近衛大将 の官位を辞して [31] 以来、無官・ 散位 のままであった。 正親町天皇 とは 誠仁親王 への 譲位 を巡って意見を異にし、天正9年3月に信長は譲位を条件として 左大臣 の受諾を一旦は了承したが、天皇が 金神 を理由に譲位を中止した [32] ことで、信長の任官の話もそのまま宙に浮いていたからである。そこで朝廷は、甲州征伐の戦勝を機に祝賀の勅使として 勧修寺晴豊 (誠仁親王の義兄)を下し、晴豊は信長が凱旋した2日後の天正10年4月23日に安土に到着した。『晴豊公記』によれば、 4月25日 に信長を 太政大臣 か 関白 か 征夷大将軍 かに推挙するという、いわゆる「三職推任」を打診し、 5月4日 には誠仁親王の親書を添えた2度目の勅使が訪問したと云う。2度の勅使に困惑した信長が、 森成利(蘭丸) を晴豊のもとに遣わせて朝廷の意向を伺わせると、「信長を将軍に推任したいという勅使だ」 [33] と晴豊は答えた。しかし信長は、6日、7日と勅使を饗応したが、この件について返答をしなかった [34] 。そのうちに、 5月17日 、 備中 より待ちわびていた 羽柴秀吉 からの出馬要請が届いた。これを受けて信長は出陣を決意し、三職推任の問題はうやむやのまま、本能寺で受難することになった。( 続き ).

Ryoko 29.09.2020 23:50 答える

もしかすると本当は本能寺の変など無かったのではないかと思っております。 黒いカラスも99人が白だといえば、残りの一人がいくら黒を主張したとしても白ということになります。 信長が京都で突然死んでしまった事実を、光秀の裏切りという風に作文しようと思えばできてしまうと思います。 例えば信長病死の報せを受けて心配して駆けつけた光秀の事を、謀反人に仕立て上げ、何万もの人が騒げばインフラが整っていない時代ですので尾ひれも背びれも付いて信長ゴロシの明智光秀が出来上がってしまいます。 光秀が各地に出したと言われる書状などは捏造できますし、向かってくる相手を迎撃する光秀の姿勢は相手から見れば光秀がやはり謀反人だという印象を濃くしていきます。 さらに最後が土民の槍にかかるなんて終わり方が不思議で仕方ないです。 朝廷と秀吉と家康が組んで信長の病死という事実を、光秀の謀反ということにして、作文してしまえば都合よくその後を運べます。 秀吉の中国大返しも、黒幕だからできたという説がありますが、もし本当にただの忠義心で走り続けたとしたら、とんでもない言われようです。 しかし、事前に何か知っていたとも考えられますし。 様々な説があるのは【事実】と【時代考証】を同列で考えてはいけないという教訓のような気がします。 【事実】 信長の急死 病死 【時代考証】 本能寺の変 光秀の謀反 とお風呂に入りながら考えたりするのが楽しいです!笑 締切後に回答されました あっぱれ!.

Yuki 28.09.2020 01:50 答える

単独犯行説を推します。黒幕が居るならば本能寺の変後速やかに支援を得て実権を握るための算段を整えていたはずですが、史実では光秀公に味方する者は少なく手間取っている内に中国大返しで舞い戻った秀吉公に討たれています。逆に秀吉公や家康公を黒幕と想定した場合、自分が在京中に謀反を起こさせて直後に確実に自らの手で討ち取れるよう計らうでしょう。  動機は憶測しか出来ませんが、政策や国家像など根本的に信長公と合わない部分があったのかも知れません。美濃の名族土岐氏の一族で濃姫の親戚でもある自分が尾張の陪臣に過ぎなかった織田氏に良い様に扱われているのが長年刺のように刺さっていた、とか…。信長公に仕え続けることが出来ない何らかの事情があり、さりとて織田氏と渡り合える大名も思い当たらず、進退窮まって自ら討つことを選択したのでは。後の行動を見ると自らが天下に君臨するために積極的に討ったようには見えません。 『直情径行武断一辺倒の信長とは本質的に相容れぬものがあり遂に逆臣の汚名を着て非業の最後を遂ぐ 郷党の英雄の末路痛恨の極みという外なし』(明智城址記より) あっぱれ!. メニュー タイムライン ホーム 検索 管理.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 kidzgym.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.